ブランドのご紹介

アグネス・ラム

アグネスラム

1956年生まれ。小麦色の肌に豊かな胸、真っ赤なハイビスカスを頭に差し、はにかむ笑顔で世の男たちを虜にしたのが二十歳のころ。4年間の芸能活動を日本で終え、ハワイに帰国したのちもファンの瞳のなかに刻まれたアグネス・ラム。一時期は、7業種9社のCMに登場していたこともあるCM女王。ダイハツの新型車CMに出演した際、受注台数が月間目標台数の2倍以上になるという現象も起きました。

 

笹沢左保

笹沢左保

~最後の流行作家~
『木枯らし紋次郎を生んだ鬼才 笹沢左保』

生涯380冊の著作を残した笹沢左保(1930-2002)。森村誠一にして「笹沢左保氏こそまさに最後の流行作家であった。」と言わしめた笹沢左保は、森村誠一をはじめ佐野 洋、北方謙三、逢坂 剛など現在の文壇を代表する作家たちから畏敬をもって愛され、慕われ、求心力的存在でもありました。 テレビドラマ化され、一世を風靡した『木枯らし紋次郎』シリーズの原作者として知られ、『招かれざる客』『人喰い』本格推理小説・サスペンスの傑作・佳作を次々発表するかたわら、『新大岡政談』や『真田十勇士』、『宮本武蔵』などの時代・歴史小説などでも傑作・話題作を数多く残し、その多彩な作風と質量は他の追随を許さないものがあった。
最盛期には月に1500枚を超えるほどの多作でありなから、コンスタントにヒットを飛ばし、眠らぬために立ったまま書いたというエピソードや華やかな交遊録など、まさに華麗なる流行作家の名にふさわしい存在でした。

 

ほっくん

ほっくん

ほっくんは秋田県の北都銀行のマスコットキャラクターに起用された、秋田を代表する秋田県をモチーフにしたキャラクターです。キャッシュカード、通帳やクレジットカードに採用されています。愛くるしい笑顔のほっくんファミリー。常に子供たちだけではなく大人たちの笑顔を生み出してきたほっくん。現在はガールフレンドのほっちゃんも加わりました。

 

Studio Pets

スタジオペッツ

スタジオペッツはフォトグラファーのMyrna(マーナ)によって作られました。彼女の動物に対する愛は写真に可愛さと楽しさとして表れ、流行りに敏感な商品を生み出しています。100枚以上の写真から選ばれた商品が世界中にあります。

 

Sooty

スーティ

スーティは、伝説の操り人形師Harry Corbettによって生み出されたクマのキャラクターです。Harryが自分の息子にあげたクマのパペットがモデルで、当時の白黒テレビで映えるようにと耳と鼻を”soot”(すす)で覆ったことからSootyと名付けられました。パペットの仲間も増え、Sootyは長く皆から愛される大人気キャラクターに。

 

土方 重巳

土方重巳

1960年、日本発の児童番組としてNHKテレビでスタートした『おかあさんといっしょ』。今も続く人気長寿番組で、子供たちのアイドル、数多くの人気キャラクターを輩出したことでもテレビ史に残る番組です。この番組で初代人形劇キャラクター「ブーフーウー」をはじめ「ダットくん」や「とんちこぼうず」など20年以上にわたり多くの名作、大ヒットキャラクターを生み出したのが土方重巳でした。土方重巳は、作家であり、演出家でもある飯沢匡氏と戦後間もない昭和24年から児童、子供向けの童話や絵本の制作にかかわり、NHKのラジオドラマとしても人気を博した「ヤンボウ、ニンボウ、トンボウ」を世に送り出し、『おかあさんといっしょ』で日本における児童向けテレビ番組の基礎を築きました。

 

スラッシュパピー

スラッシュパピー

All properties and associated images© & TM the respective property owners.

PAGE TOP