Brand

土方 重巳

Shigemi Hijikata

土方重巳は、1949年に初めて手掛けた童画絵本「森の大さわぎ」から「ピノキオ」「ライオンのめがね」「イソップ童話」「むーしかのぼうけん」などなど数多くの絵本を世に送りました。(原作:飯沢匡)

特に1953年に出版された岩波子どもの本シリーズの中の「ねずみとおうさま」は、戦後の新しい絵本の流れを作り出すひとつの契機になったといわれています。

また「キンダーブック」や「めばえ」「幼稚園」「よいこ」などにも連載を持ち「ブーフーウー」や「ぴんくまちゃん」など子供たちのアイドルとなる多くの傑作を生みだしました。

絵本の原絵、下絵、キャラクターデザイン画などおよそ1000点に及ぶ作品群があります。そしてその作品全ての独占的商品化権を寄託されております。多岐にわたり著された魅力あふれる土方ワールドをテレビ番組や雑貨、衣服、食器、ステーショナリー等、様々な形でお使いいただけます。